採用した全オプションのまとめ

【BenQ ScreenBar】省スペース映り込みなし!モニター掛け式デスクライトのレビュー

3 min 136 views
Sponsored Links

テレワークのため平日の大半の時間を書斎で過ごすようになり、1年が経過しました。自宅の書斎での仕事は、誰かに話しかけられることも少ないので非常に快適です。

そんな快適な書斎生活ですが、1点不満として「照明の明るさ不足」を感じていました。PC作業中は気になりませんが、手書きでメモを取る際に「なんか暗いな」と感じることが度々ありました

ただ「デスクライト」を置くほど机の上のスペースに余裕はないため半ば諦めていました。

そんな日々を過ごしていた矢先に、BenQさんから「ScreenBar スクリーンバー」という「モニター掛け式のデスクライト」の商品提供をして頂きました。

本記事ではこちらの商品の使用感と機能についてレビューしていきます。

<strong>となり</strong>

となり

となりです。TwitterYoutubeでも配信中です。詳しいプロフィールはこちらから

Sponsored Links

【BenQ ScreenBar】モニター掛け式デスクライトの付属品と取り付け方法

高級感あるマッドな質感の箱に梱包されています。中身も各付属品ごとに仕切りがあり丁寧に梱包されていました。

付属品は3点

「BenQ ScreenBar スクリーンバー」の本体と付属品は以下の3点です。

本体と付属品
  1. スクリーンバー本体
  2. モニター取り付け用のクリップ
  3. USB-TypeC(5A/1A)
専用クリップに本体を取り付ける

取り付けは非常に簡単でスクリーンバー本体に専用のクリップを取り付けてモニター部に乗っけるだけで設置完了です。

モニター上部に引っ掛ける形で設置

モニターの前後を挟み込み、後ろに重心を置くように設置するため安定感があります。対象の揺れや振動では落下しないので安心して使用できます。

注意:モニター幅の推奨は1cm〜3cmです。

<strong>となり</strong>

となり

つづいて、機能と使用感についてレビューしていきます。

Sponsored Links

【BenQ ScreenBar スクリーンバー】機能と使用感のレビュー

「BenQ ScreenBar スクリーンバー」機能と使用感について以下の内容をご紹介していきます。

機能と使用感
  1. モニター掛け式のためデスク周りのスペースを有効活用できる
  2. 美しくシンプルなデザイン
  3. 反射によるモニター映り込みなし!手元のみを明るくできる
  4. 自動または手動で好みの調光に設定できる

モニター掛け式のためデスク周りのスペースを有効活用できる

省スペース

「BenQ ScreenBar スクリーンバー」の最大の特徴は、モニター掛け式のデスクライトであることです。デスク周りのスペースを圧迫しない省スペースの設計に仕上がっています。

また、USB給電式なので邪魔臭いアダプタがない点も非常に良いところです。最近のモニターには、USB端子が付属しているので電源供給には困らないと思います。

明OFFの状態

ちなみに「BenQ ScreenBar スクリーンバー」の照明をOFFにするとこんな感じです。

美しくシンプルなデザイン

シンプルで美しいデザイン

企業ロゴの「BenQ」や商品名「ScrennBar」の刻印といった部分も主張しすぎてなく好感の持てるデザイン性です。

本体の色合いは、艶消しのブラック色といった感じです。私が使用しているモニターはDELLのものなのですが、モニターとデスクライトが良く合っています。

反射によるモニター映り込みなし!手元のみを明るくできる

射によるモニター映り込みなし

モニター掛け式のデスクライトなので、モニターへの光の反射や映り込みがあるか心配でしたが、画像のとおり何の問題もなく使用できています。

手元のみ照明があたる

モニターへの映り込みもなく、手元の周囲だけが照らされます。ちなみにキーボードはこちらを使用しています。

自動または手動で好みの調光に設定できる

操作部(スイッチ)は4つ

「BenQ ScreenBar スクリーンバー」の操作部(スイッチ)は以下の4つです。

操作部(スイッチ)
  1. 電源ON、OFF
  2. 自動調光モード切替
  3. 色温度の調整(8段階:2700K(暖かい光) 〜 6500K(ホワイト光))
  4. 明るさ調整レベル(14段階)
○(白丸)の部分が自動調光センサーになっている

上部に自動調光センサーが付いて「自動調光モード」をONにしておけば、周囲の明るさを検知して自動でデスクライトの明るさを調整されます。

色温度、照明の明るさを手動で設定することもできますが、スイッチ部が上部にあることもあり、調整が面倒だったので私は常に「自動調光モード」で使用をしています。

自動調光で不便さを感じたことはありませんが、手動で頻繁に調光を調整したければ、手元で調光操作ができる「BenQ ScreenBar スクリーンバー Plus」を選択した方が良いと思います。

【BenQ ScreenBar】モニター掛け式デスクライトのレビューのまとめ

シンプルなデザインと機能美を兼ね備えた【BenQ ScreenBar スクリーンバー】のご紹介でした。モニター掛け式で省スペースかつ、映り込みが少ない点が非常に良い商品だと感じます。

<strong>となり</strong>

となり

テレワーク環境の向上におすすめです。

Sponsored Links
となり

となり

家ブロガー&動画配信者

一条工務店の家(i-smart)でシンプルかつ快適な暮らしを追求するブログです。月間PV(3万)、YouTube登録者数(1500人)詳しいプロフィールはこちらから

FOLLOW

カテゴリー:
Sponsored Links

どこのハウスメーカーを選んだらいいか迷ったら、たった3分で間取りも一括請求、一括見積もりが出来る「タウンライフ家づくり」のサイトをお勧めします。私も一括請求しました。

YouTube配信中です
となりのi-smart

一条工務店の家(i-smart)のWEB内覧会、間取りに関する動画をYouTubeにて配信中です。おかげ様でチャンネル登録者1,000人超えました。

この記事も読まれています
関連記事
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.