【間取り】廊下を削っても家は広くならない。動線を意識した間取り作りを

なんとか部屋を広くとりたい。でも施工面積が増えて予算が高くつくのは嫌だ。

皆さんそんな矛盾を抱えながら設計の打ち合わせに臨んでいることだと思います。

かくゆう私も部屋を広くしたい症候群に、なった哀れな施主のひとりでした。部屋を広く広くと思うとなんでもかんでも無駄に思えてきます。

中でも廊下部分を削って部屋のスペースを確保しようと考える人が多いと思います。でも廊下をほんとうに無駄なスペースなのでしょうか?

今回はそんな廊下に関する内容になります。

玄関入ってすぐリビングの間取りで感じた違和感の正体

一条工務店では、既に入居済みのお宅や現在建築中のお宅を見学させてくれます。これは一条工務店だけでなく他のハウスメーカーもやっていることだと思いますが。

でこのお宅訪問した家の中の1つに廊下部分がほとんどないお宅がありました。玄関ホールとリビング部分が繋がっているような間取りで2階部分も階段登ってすぐ部屋があるといった感じでした。

確かに各部屋の1つ1つは広いと感じたのですが、全体的になんだか窮屈な印象を受けたのを覚えています。部屋と部屋を結ぶ廊下がないことによりこのように感じたのだと思います。

廊下をなくすことによるメリット・デメリット

では廊下をなくすことによるメリットとデメリットについて考えてみます。メリットは以下の点であるといえます。

廊下をなくすことのメリット

  • 廊下分のスペースを部屋に割り当てられる
  • 部屋から部屋へ歩く距離が少なくなる

次にデメリットは以下の点であると思います。

廊下をなくすことのデメリット

  • 家全体で見たときに窮屈な印象を感じる
  • 廊下を活用したレイアウト(本棚や飾り棚)ができなくなる

個人的には、1つ1つの部屋の広さよりも家全体の雰囲気というものが大切なポイントだと思っています。

なので我が家の場合は、必要以上に廊下を削る事なく間取りを作成してもうことにしています。

一条工務店の寸法は、1マス(91cm)単位となっています。設計側に特段、何も依頼しなければ基本的に廊下の幅は91cmとなります。これを窮屈と感じるかは人それぞれの体格と感覚によるものなのでなんともいえません。

ですが、どこかのハウスメーカー(たしかトヨタホーム)では標準で廊下の幅を100cmにしているという物件の広告を見たことがあります。

これは体格の大きい現代人に合わせて広めにしているとのことでした。

廊下部にゆとりができることにより家全体を広く感じることができる効果があるとのことでした。やはり廊下は家全体のバランスを保つ大事な設備なんだと感じました。

間取りのゆとり(余裕)はどこから生まれるのか

ゆとりと聞くと私たちはあまり良いイメージを持ちません。これはゆとり教育を想像してしまうためだと思います。

けれども間取りにおいてゆとり(余裕)は非常に大事なポイントです。

そのゆとりを生み出す代表的な住宅設備は、廊下であると私は思います。部屋の広げたくて廊下部分を削ろうと思ったら、ちょっと立ち止まって家全体で考えてみてください。

廊下を削っても家は広くならない。動線を意識した間取り作りのまとめ

  • 誰でも部屋を広くしたい衝動に駆られる
  • 廊下部を削って部屋を広くする前に家全体の空間を考えよう
  • 家の間取りにおいて、ゆとりは悪いことではない
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.