【間取り】使いやすさと開放的な玄関ホールを意識したコダワリのポイント

家の入り口である玄関は、使いやすく光溢れる明るい玄関にしたい希望がありました。

帰ってきたときに「ほっと」するようなそんな空間を目指して。住み始めてからのことを想像しながら間取りを考えるのは難しいですが、できるだけ理想の玄関となるよう考えました。

今回はそんな玄関に関しての内容になります。我が家の玄関のコンセプトは、「使いやすい玄関」です。

玄関収納は絶対必要で土間収納を採用

まずは玄関収納です。一畳と狭いながら土間収納の作ることにしました。

土間収納を作った理由としては、現在の家では、シューズクロークはあれど、ベビーカーなどを収納する場所はありませんでした。

なのでベビーカーは、玄関に靴と一緒に置いています。これが外出する際に、非常に邪魔でとても不快でした。

ベビーカーの時期を過ぎたとしても次は子供用の自転車なんかを置くことになりそうなので、靴以外の物を置くスペースが必要になりそうです。

またマンションから一軒家に変われば外回りで必要となる備品も増えそうです。玄関周りの掃除用品だったり、園芸用品だったり、あまり家の中に持ち込みたくない物たちが。

なので土間収納を採用しました。

一条の土間収納には、ちょいっとしたハンガーパイプと棚も施工されるので、コートやジャンパーを収納するのにも便利そうです。一畳程度の土間収納では、収納面において中途半端で「イマイチ」なんて意見も聞きますが、その辺は住んでみてからまた記事にしたいと思います。

シューズウォールではなく、シューズボックスにしたことには理由がある

i-smart専用の下駄箱としてシューズウォールがある。

このシューズウォールは、i-smartのみ採用可能でありi-cubeでは採用できません。

見た目もスタイリッシュで素敵なので、i-smartで家を建てる場合、ほとんどの人がシューズウォールを採用するでしょう。

我が家も例に漏れずシューズウォールにしようと思っていましたが、ある一点がどうしても嫌で、シューズボックスを採用しています。

そのどうしても嫌だったある一点とは、シューズウォールの「扉の開き方がプッシュ式」だったことです。

私は玄関で靴を脱ぎ履きするときに、癖で壁に手を付いてしまいます。その度に、シューズウォールの扉が「カチッ」と音を立てて開いてしまうのは大変不便だと感じました。(展示場にて経験済み)

i-cubeでも採用できるシューズボックスの場合は、扉に取手がついているので、手で押しても開くことはありません。なのでシューズボックスを採用することにしています。

どうしても付けたかったリクシルのエコラット

エコカラット流行ってますねー。

我が家でもどうしてもどこかに付けたかったのと、どうせつけるなら目立つところに。と思い玄関ホールの壁にエコカラットを採用しています。

初めはリビングにエコカラットを付けようか迷いましたが、リビングにエコカラットを付けてしまうと、家具なんかの配置が固定されてしまうような気がしてリビングにエコカラットは付けませんでした。

玄関ホールのエコカラットは、「主張し過ぎず、でも存在感のある」感じにしたかったのでリクシルの以下のエコカラットを採用しています。

玄関ホールの壁紙の色は白色で、施工するエコカラットの色はベージュです。

色々だけみると目立たなそうですが、 エコカラット自体「ゴツゴツ」した岩のような素材なので結構、素敵な感じになるのではないか?と期待しています。

UBアーチハンドル(電気リモコンキー)を採用

一条ブロガーの中で絶対付けた方が良いオプションとして必ず出てくる電気リモコンキー。

我が家でも迷わず採用することにしました。 オプション価格はたしか7万円ほどだったと記憶しています。

カギを取り出さなくて良いのは、やはり便利ですね。ずぼらな私にはありがたいです。雨の日や荷物が多い日なんかは重宝しそうです。

袖壁の代償。親子ドアは採用できず

使いやすく開放的な玄関ホールにするために、玄関のドアは親子ドアにしたかったのですが、袖壁を付けたかったことにより、通常のシングルドアになってしまいました。

じゃあなんで袖壁を付けたのよ?というと、単純に「カッコイイ」と思ったからです。

袖壁があるのとないのでは、家の正面の見た目がガラリと変わります。袖壁がないとなんだか寂しい感じになってしまったので、親子ドアを諦めて袖壁を採用することにしました。

ちなみに袖壁を付けたら親子ドアを採用できない。

という意味ではなく、我が家の間取りでは袖壁を付けたら親子ドアを採用できなかったという意味です。余裕のある間取りであれば袖壁を付けても親子ドアは採用できます。

使いやすさと開放的な玄関ホールを意識したコダワリのポイントのまとめ

  • 土間収納はできるだけ採用しよう
  • シューズボックスという選択肢もあり
  • 電気リモコンキーは絶対採用しよう
  • エコカラットはお好みで
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.