マキタコードレス掃除機(CL107FDSHW)の購入レビュー。前評判どおりの一級品です。

マキタのコードレス掃除機(CL107FDSHW)を購入したので、使用感について話していきたいと思います。

購入した経緯としては、一軒家に引っ越したので、コード付き掃除機ではコンセントの抜き差しが面倒すぎるわ。やってられん。という妻の発言がキッカケとなり、購入することになりました。

で、コードレス掃除機の中で、シンプルなデザインと性能に惹かれに惹かれマキタの掃除機を購入したというわけです。

結論から言うとマキタの掃除機は、前評判どおりの最高の掃除機でした。

では始めます。

配送・梱包状態

amazonでの購入です。

ひと昔前は、巨大なダンボールで配送されましたが、時代の進歩ですね。だいぶスリムでスマートです。

というより、なんか小さくない?と思い注文を間違えてしまったのかと心配になりましたが、きちんと入っていました。

今回購入したもの3点

  • 掃除機本体
  • スタンド
  • 紙パック10枚入り
MEMO
本体セットには、紙パックが10枚付属しています。今回私は追加で購入するのが面倒だったので追加で紙パックを購入しています。

早速、組み立てです。組み立て時間は測るほどでもないです。(くっ付けるだけ)

では続いて使用してみてわかった良い点。悪い点です。

使用感(良い点)

本体のデザインがシンプルで良い


どうですか。私は最高のデザインだと思います。

デザインが…。普通。イマイチ。という声もありますが、私はシンプルで洗練されたデザインだと思います。

某メーカーの掃除機なんてSF映画の、なんとか光線銃。みたいな感じにしか見えないのですが、あれがオシャレというものなのでしょうか。よくわかりません。

まぁデザインに関しては人それぞれ好みがあるので、あまり気にしないことにします。

バッテリー付きで1.1kgと軽い

軽いです。指だけで簡単に持ち上げられます。片手で楽々と掃除できます。

調子に乗って、バッテリーが切れる限界(25分)ぐらいを、ずっと片手で連続で使用した際は、流石に腕が疲れました。

たまには両手を使いましょう。

充電器とバッテリーがカッコイイ

マキタの掃除機は、バッテリーと本体を取り外せます。んでこれが専用充電器でバッテリーを充電している際の絵なのですが、THE・電気工具感が半端なくイカしてます。

充電時間は大体20〜25分ぐらいです。充電時の冷却ファンが回る音が若干気になりますが、うるさいと思うほどではありません。

昔のデスクトップPCのファンぐらいの音かな。

私は本体とバッテリー・充電器がセットになったものを購入しましたが、これらは全て単体で購入することができます。いずれかが故障しても単体購入できる点は嬉しい点です。

LEDライト付きで床下掃除もしやすい

起動すると自動でLEDライトが点灯します。

初めは何の意味はあるんだ?と思ったLED機能ですが、ソファ、ベッドなどの床下掃除の際に便利です。

ご覧のとおり、ベッドの下も軽快に掃除できます。またこのLEDライト。バッテリーが切れそうになると点滅をしてお知らせしてくれます。

事前予告してくれるので、当然バッテリーが切れて、イラつく場面も少なくなりそうです。

紙パック式も悪くないね

個人的に紙パック式の掃除機って前世代的というか、なんというか古臭いイメージがあったんですよね。

で、まぁ当然サイクロン式かな。と思ってたんですが、嫁さん的には紙パック式がいい!絶対紙パック式!というわけで、紙パック式に致しました。

確かにサイクロン式のやつって、ゴミ捨てるの面倒ですよね。掻き集めたホコリを小さなホウキみたいので、掻き出す作業の虚しいこと。

一方、紙パック式は取り付けも簡単だし、捨てるのもの楽チンです。ほぼワンタッチですね。

一応、サイクロン式に改造できるアタッチメントもあるので、どうぞ。急に見た目が、宇宙ぽくなる気が…。

ハンディクリーナーにもなる

ノズルを取り外せば、そのままハンディとしても活躍できます。素晴らしいです。別途、ハンディ用の掃除機なんて不用です。これだけで充分です。

これでお菓子のカスだらけの車内も綺麗になることでしょう。

価格が安い

「本体+バッテリー+充電器」で1万3千円ほどでした。通常のコードレス掃除機だと大体3万〜5万ぐらいしますよね。

それが1万円代です。本当に安いです。マキタの掃除機が安いのか、他のメーカーの掃除機が高すぎるのかはよくわかりませんが、安くても良いものなので買って良かったと心から思います。

使用感(悪い点)

続いて悪い点です。

パワフルモード時は爆音

吸引モードを「パワフル」→「強」→「標準」モードと選択できるのですが、パワフルモード時は、かなりの爆音がします。例えるのが難しいですが、各モード時の音量は、以下のような感じです。

朝寝てるときに妻に掃除機をかけられる

  • パワフルモード→飛び起きる
  • 強モード→耐えれば寝れる
  • 標準モード→余裕で寝れる

今後、パワフルモード時もモーター音が静かになれば、良いな。

バッテリー駆動時間が短め

吸引モードによって駆動時間は変わりますが、パワフルモードにて使用し続ければ、約10分弱でバッテリー切れとなる。標準モードのみだと25分くらい。

これが短いか、長いと感じるかは、家の広さだったり、使用用途によってまちまちだと思う。私の場合、若干短めに感じたので、悪い点として挙げておきます。

けれども大容量のバッテリーに交換すれば、倍以上の駆動時間となるため、気になる人は、別途購入を検討しても良いと思う。

マキタ リチウムイオンバッテリー BL1040B 10.8V 4.0Ah A-59863
マキタ(Makita)

ノズルの種類が少ない

標準で付属するノズルは、フローリング用・細部用の2種類のみです。

試しにフローリング用ノズルで、カーペットを掃除してみましたが、かなり厳しいです。張り付くというか、なんというか、うまくノズルが滑っていきません。

カーペットをきちんと掃除するためには、絨毯用のノズルを購入する必要がありそうです。

各種ノズルセットは別途、購入することができます。セットで3千円代なら安いのかな。

マキタのコードレス掃除機のまとめ

以上が、マキタのコードレス掃除機(CL107FDSHW)の購入レビューです。

総論としては、最高のコスパを誇るコードレス掃除機。使用用途に合わせてカスタマイズ可能。という感じです。

では最後に今回、私が購入したものを改めて、ご紹介して終わりとします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.