Youtube配信はじめました

【一条工務店】入居2年目の太陽光発電の売電実績!初年度との比較。太陽光パネルの経年劣化は?

太陽光発電実績_2019

どうも、”となり”です。( twitter(@minato_souichi)

我が家には、一条工務店の太陽光パネルを搭載されています。屋根一体型で家の外観を損なわないところが気に入っております。

そんな太陽光発電のある生活も2年目を迎えて、そろそろ気になるのはパネルの経年劣化。2019年度の売電実績と前年度(2018)を比較し、劣化状況を調査していきたいと思います。

https://76spray.com/wp-content/uploads/blogParts/IMG_5305.png
みなと

本体価格を回収するまで気合で発電するんだ。

太陽光パネルの詳細
  • 太陽光パネル容量:13.020kw
  • 全量買取(20年固定)
  • 売電単価:25円92銭 → 26円40銭(消費税増加分上乗せ)

売電単価は2017年契約時の単価です。2019年度の売電単価は「10kW以上500kW未満で14円 + 税」となっています。

詳しくは「なっとく再生可能エネルギー固定価格買取制度」をご覧ください。

参考 買取価格・期間等|固定価格買取制度|なっとく!再生可能エネルギー資源エネルギー庁

2019年度・太陽光発電量と売電価格

太陽光発電実績_2019
太陽光発電実績・2019
年月発電量
(kWh)
売電額
2019.011166.6630,240
2019.02943.2824,450
2019.031400.5636,303
2019.041677.4443,479
2019.051874.6648,591
2019.061392.0336,081
2019.071227.8731,826
2019.081583.6241,047
2019.091350.3735,002
2019.10949.0725,055
2019.11962.7625,417
2019.12796.4921,027
合計15324.81398,518

2019年度の太陽光発電で一番発電した時期は例年どおり5月で、1874.66kWhでした。太陽光発電をしていない人には意外かもしれませんが、夏の7・8月の時期よりも5月のほうが実は日射量が多いのです。

逆に一番発電量が少なかった時期は12月で、796.49kWhという結果となりました。2018年の合計、発電量は15324.81kWhで売電額は398,518円となっています。

2018年度・前年度の太陽光発電量との比較

続いて、前年度(2018)との比較をしていきます。

前年度との比較をするのは、太陽光パネルの経年劣化の具合を把握するためです

太陽光パネルは機械のため経年劣化は避けられません。パネル部の清掃は簡単にはできないので、汚れの蓄積による発電効率の劣化が心配なところです。

ちなみに2018年度は入居1年目で、2019年度は入居2年目の年です。

MEMO
日射量は気象庁の東京地点のデータです。
年月発電量
(kWh)
日射量
(MJ/㎡)
2019.01
2018.01
1166.66
1143.24
+ 23.4210.7
10.3
+ 0.4
2019.02
2018.02
943.28
1158.13
– 214.8510.4
12.2
– 1.8
2019.03
2018.03
1400.56
1513.82
– 113.2613.9
14.4
– 0.5
2019.04
2018.04
1677.44
1681.84
– 4.417.8
17.5
+ 0.3
2019.05
2018.05
1874.66
1763.14
+ 111.5220.5
18.7
+ 1.8
2019.06
2018.06
1392.03
1530.38
– 138.3515.2
16.9
– 1.7
2019.07
2018.07
1227.87
1882.25
– 654.3811.9
19.8
– 7.9
2019.08
2018.08
1583.62
1710.59
– 126.9717.3
18.4
– 0.9
2019.09
2018.09
1350.37
1068.00
+ 282.3713.6
10.8
+ 2.8
2019.10
2018.10
949.07
1117.02
– 167.959.6
10.9
– 1.3
2019.11
2018.11
962.76
981.68
– 18.929.9
9.5
+ 0.4
2019.12
2018.12
796.49
835.78
– 39.297.1
7.8
– 0.7
2019合計
2018合計
15324.81
16385.87
-1061.06157.9
167.2
– 9.3

2019年度の発電量は、前年度(2018)と比較して-1061.06kWh低下しました。

ただ、大きく発電量が低下した要因は、太陽光パネルの劣化というより前年度より日射量が少なった(-9.3MJ/㎡)ことが大きな要因と考えられます。

ここで日照量(1MJ/)あたりの太陽光パネルの発電効率比較をしてみます。結果は以下のとおりです。

日照量(1MJ/<strong>㎡</strong>)の発電量
  • 2019年度:(15324.81 ÷ 157.9)= 97.053kWh
  • 2018年度:(16385.87 ÷ 167.2)= 98.001kWh

我が家の太陽光パネルは、日射量(1MJ/㎡) あたり「0.948kWh」発電効率が低下しているという結果になりました。

日射量の観測地点は東京という大雑把な位置なので、正確なデータではありませんが、前年度と比較して太陽光パネルの大幅な劣化はない。という結論を出して良さそうです。

2019年・太陽光発電売電実績のまとめ

まとめ
  • 2019年度の発電量:15324.81kWh
  • 2019年度の売電価格:398,518円
  • 太陽光発電の発電効率は1MJ/㎡あたり0.948kWhの低下した
  • 太陽光発電パネルの大幅な経年劣化はみられない

以上、”となり”でした。( twitter(@minato_souichi)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. // Pinterest保存ボタン