採用した全オプションのまとめ

【一条工務店】いくつ共感できますか?生活の中のあるあるネタ7つ

3 min 214 views
Sponsored Links

一条工務店の家(i-smart)で暮らして早4年が経過しました。

一条工務店は「家は性能」のキャッチコピーからもわかるように「住宅性能」に特化しているハウスメーカーです。他の住宅では見られない独自の住宅設備(全館床暖房、ロスガード等)などがあります。

入居してすぐの頃は、これらの一条工務店の独自仕様に驚いていましたが、人間は慣れるもので、今では当たり前のモノとして日々の生活の一部となっています。

本記事では「一条工務店の生活の中のあるあるネタを7つ」ご紹介していきます。共感して頂けたら幸いです。

<strong>となり</strong>

となり

となりです。TwitterYoutubeでも配信中です。詳しいプロフィールはこちらから

Sponsored Links

【一条工務店】生活の中のあるあるネタ7つ

一条工務店の生活の中のあるあるネタは全部で7つです。順番にご紹介していきます。

一条工務店のあるあるネタ
  1. 外で雨が降っていることに気づけない
  2. ふいに外に出たら、あまりに寒くて引き返す
  3. もうコタツ出した?など季節の話題に入れない
  4. ロスガード90の防虫袋の交換が毎回怖い
  5. 窓を開けることを悪だと思ってしまう
  6. 室温、湿度の確認が習慣になる
  7. 窓の空きスペースの使い方を考えるが結局ない
<strong>となり</strong>

となり

あるあるネタを順番に紹介していきます。

外で雨が降っていることに気づけない

雨の音が聞こえない

私が、一条工務店の家で暮らしみて一番の驚いたことは、雨音が聞こえないことでした。家の気密性と遮音性が高いため、外の音ほとんど聞こえません。

もちろん台風などの激しい大雨の際は聞こえますが、通常の降水量の雨であれば全く気付くことはできません。

家の中にいると雨が降っていることに気づけないため、外出の際に雨が降っていることに初めて気づき、傘を取りに戻ることが頻繁にあります。

ふいに外に出たら、あまりに寒くて引き返す

玄関ドアの先は別世界

一条工務店の家(i-smart)は全館床暖房システムが採用されているため、真冬の時期でも家の中は、春のような暖かさで快適に暮らすことができます。

ただ家の中にいると暖かいことが当たり前になってしまい、ついつい薄着で外出してしまうことが多々あります。

「薄着で玄関から家に出て、あまりの寒さに驚き上着を羽織る」

こんなことを毎年繰り返しているような気がします。

もうコタツ出した?など季節の話題に入れない

石油ストーブなどは使用禁止

前述しているとおり、一条工務店の家(i-smart)は全館床暖房システムが採用されています。なのでヒータといった暖房器具は一切必要ないというより、使用が禁止されています。

冬の時期が近づくと会社の同僚との雑談で「もうコタツ出した」など季節の話題があると思いますが、残念ながらそのような話題には入れません。

ここで、うちの家は全館床暖房なんだ。わりぃ。などと言うと自慢話になってしまい雰囲気が完全に悪くなるので、毎回この話題の際は、何も発言せずに愛想笑いで乗り切っています。

ロスガード90の防虫袋の交換が毎回怖い

防虫袋には闇が詰まっている

ロスガード90という全館空調システムが一条工務店の家には導入されています。

ロスガード90は、外気を吸いフォルターを通して空気を循環させるという仕組みなので、外の虫が侵入しないよう「防虫袋」がフィルターの手前に取り付けてあります。

半年に一回程度の間隔でこちらの「防虫袋」を交換する必要があるのですが、交換の度にとんでもないものが飛び出して来そうな感じがして、毎回びびっています。

防虫袋に入る虫は、コバエ程度の小さいサイズのものであることと、冬場に交換すれば、ほとんど問題ないと理解はしていますが、毎回怖いです。

窓を開けることを悪だと思ってしまう

窓を開けることに抵抗がある

一条工務店の家(i-smart)では、ロスガード90という全館空調システムがあるため、窓を開けて換気する必要性がなく、冬場は床暖房で温めた室温も下がるため、極力窓を開けずに生活をした方が効率的です。

窓を開けて換気をする必要性がない。という考えから、標準仕様で窓の網戸が付きません。(オプションでの取り付けは可能)

一条工務店の家で暮らしていると、窓を開けることを良くないことだ!という考えになるため、窓を開けて換気をすることは悪だと思いがちです。

生活効率ばかりを追い求めるのではなく、たまには窓を開けて春先のそよ風を室内に取り入れても良いかと思います。

室温、湿度の確認が習慣になる

入居時に貰った室温度計

快適な室温と温度は個人差はあると思いますが概ね以下のような感じになると思います。室温と湿度がバランスがとても大事です。

快適に暮らせる室温と湿度
  • 室温:20〜24℃
  • 湿度:40%〜60%
上段:外の温度と湿度
下段:室内の温度と湿度

一条工務店の家に入居する際にプレゼントとして、室温度計を2つ貰いましたが、別途、外気と室温を同時に計測できる「最高最低無線温湿度計(SK-300R)」も購入して、室温と湿度を毎日確認することが習慣になりました。

一条工務店の公式オンラインストアで「¥5,896」で購入可能です。

窓の空きスペースの使い方を考えるが結局ない

窓のスペースの有効活用…

一条工務店の家は、壁に分厚い断熱材が施工されるため窓はこのように出窓のような形になります。

FIX窓だと下部分に約10cmほどのスペースが生まれるので、この部分を有効に活用しようといろいろ考えてみるものの、結局何にも活用できないままで終わることが多いです。

私自身も入居時は思考錯誤したのですが、小さめの観葉植物を置いて終わりになっています。

Sponsored Links

【一条工務店】生活の中のあるあるネタ集のまとめ

まとめ
  1. 外で雨が降っていることに気づけない
  2. ふいに外に出たら、あまりに寒くて引き返す
  3. もうコタツ出した?など季節の話題に入れない
  4. ロスガード90の防虫袋の交換が毎回怖い
  5. 窓を開けることを悪だと思ってしまう
  6. 室温、湿度の確認が習慣になる
  7. 窓の空きスペースの使い方を考えるが結局ない
Sponsored Links
となり

となり

家ブロガー&動画配信者

一条工務店の家(i-smart)でシンプルかつ快適な暮らしを追求するブログです。月間PV(3万)、YouTube登録者数(1500人)詳しいプロフィールはこちらから

FOLLOW

カテゴリー:
Sponsored Links

どこのハウスメーカーを選んだらいいか迷ったら、たった3分で間取りも一括請求、一括見積もりが出来る「タウンライフ家づくり」のサイトをお勧めします。私も一括請求しました。

YouTube配信中です
となりのi-smart

一条工務店の家(i-smart)のWEB内覧会、間取りに関する動画をYouTubeにて配信中です。おかげ様でチャンネル登録者1,000人超えました。

この記事も読まれています
関連記事
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.