\ ポイント最大46倍! /

【一条工務店】全館床暖房の電気代は高い?年間電気料金を公開

2018年電気代

一条工務店の家の最大の特徴であり魅力は24時間稼働の全館床暖房です。どの部屋も均一の室温で保たれた家は想像以上に快適で過ごしやすいものです。

ただ床暖房で気になるのは、やっぱり電気代ですよね。月々にどれだけ電気代が請求されるのか心配です。通常の一般的な住宅で床暖房を24時間稼働させると高額の電気代が請求されます。

一条工務店の家では高気密・高断熱の住宅のため、床暖房で温めた室温を外に逃がすことなく効率よく利用することができるため『とても省エネ』です。

とはいえ、実際にどのくらい電気代が掛かるのか気になるところだと思いますので、当記事では『一条工務店の家で過ごして実際に掛かった年間の電気料金』について公開していきます。

となり

一条工務店、入居5年目の『となり』がお送りします。

目次

家の建坪・家族構成と電気料金プラン

家族構成・居住地域により電気代は異なるので、まずは前提条件となる家の基本情報と電気料金プランについてご説明します。

同じような環境であれば、この後に説明する電気料金がより参考になると思います。

家の基本情報
  • 建坪35坪の4人家族
  • 関東地域
  • オール電化
  • エコキュートあり
  • 床暖房(さらぽか機能なし)

次に契約している電力会社と電気料金プランです。

スマートライフプラン
契約電力会社と電気料金プラン
  • 東京電力エナジーパートナー
  • スマートライフプラン

夜間に電気料金の安くなる東京電力の『スマートライフプラン』を契約しています。午前1時〜午前6時の時間帯にエコキュートの湯沸かし設定にしています。

となり

つづいて本題の年間電気代について解説します。

一条工務店の家の年間電気代

2018年電気代
年間電気代
使用月電気料金電気使用量
2018.01¥ 21,372889 kwh
2018.02¥ 23,723988 kwh
2018.03¥ 17,566708 kwh
2018.04¥ 14,257562 kwh
2018.05¥ 12,186455 kwh
2018.06¥ 13,017472 kwh
2018.07¥ 14,592530 kwh
2018.08¥ 15,448561 kwh
2018.09¥ 14,591524 kwh
2018.10¥ 12,966456 kwh
2018.11¥ 13,366484 kwh
2018.12¥ 17,886663 kwh
年間電気代

電気代の一番多く掛かった月と一番少なかった月は以下のようになりました。

電気代(最大・最小)
  • 最大:2月『¥23,723(988kwh)』
  • 最小:5月『¥12,186(455kwh)』

やはり一番寒い時期で床暖房による消費電力が一番高くなる冬場の2月がピークで、床暖房もエアコンも使用していない5、6月付近の電気代が一番安くなるという結果になりました。

ちなみに年間平均額は『¥15,914』です。

一条工務店の全館床暖房とエアコンの使用期間

一条工務店の家で掛かる電気代は年間平均額は『¥15,914』でした。ただ、この電気代は全館床暖房の設定温度やエアコンの使い方により、電気料金は変わります。

つづいて我が家の全館床暖房の設定温度やエアコンの使用頻度について解説していきます。

全館床暖房の使用期間は10月〜4月下旬まで

全館床暖房の設定パネル

床暖房は、10月下旬〜4月下旬ぐらいまで稼働しています。室温が22・23度前後になるように、床暖房の温度を調節しながらの使用しています。

毎年、床暖房をいつ稼働させるのか悩みますが、だいたい10月下旬ぐらいあたりから稼働させています。

4月頃になると暖かい日が多く床暖房の必要性が低くなりますが、日によっては急に冷え込んだりする日もあるので、切らずに低温で稼働し続けています。

低温での稼働ですと、4月の電気代を見ればわかりますが、ほぼ電気代は掛かりません。

となり

床暖房の設定温度については以下の記事で詳細を説明しています。

エアコンの冷房は7月〜9月で24時間運転

rayエアコン

我が家には「さらぽか」機能は付いていません。なので夏場はエアコンとサーキュレーターで部屋を冷やします。

1階のリビングは一条工務店の標準仕様で付属する『rayエアコン』で24時間冷房運転しています。

こまめにエアコンのON・OFFをすると電気代が余計に掛かるので、旅行などで数日間不在となる時以外は、基本的にエアコンは付けっぱなしにしています。

2階は寝室のエアコンは就寝時間帯だけ使用しています。

またエアコンの補助としてシーリングファンやサーキュレーターを活用しています。特に吹き抜けを採用した場合などは天井付近に空気が溜まってしまうので、取り付けることをオススメします。

サーキュレーターは『無印良品』のものを愛用中。風力・デザインともに、お気に入りのサーキュレーターです。

一条工務店と賃貸マンションの電気代の比較

一条工務店の家に入居するまでは、2LDK(約50平米)の賃貸マンションで暮らしていました。

賃貸マンションはオール電化住宅ではなく『都市ガス・電気』の併用でした。冬場のピーク時の光熱費で約『¥ 18,000 』ほど掛かっていました。

冬場の料金のピーク時だけでいうと賃貸マンション時代より『¥ 5,000』ほど多く掛かっていますが、家の広さは倍以上かつ全館床暖房で快適な生活が出来ていることを考えれば、とても安く感じています。

一条工務店 全館床暖房の家の電気代まとめ

となり

当記事のまとめと関連記事の紹介です。

まとめ
  • 月々の電気代の平均額は『¥15,914』
  • 最大は2月『¥23,723(988kwh)』、最小は5月『¥12,186(455kwh)』
  • 全館床暖房の使用期間は10月〜4月下旬
  • エアコンの冷房は7月〜9月で24時間運転
  • 賃貸マンション時より、差額5千円の光熱費で遥かに快適に過ごせる

住宅用太陽光発電の一括無料見積もりをするなら!

住宅用太陽光発電をどこの施工会社にするか悩んでいたら「グリエネ」で一括無料見積もりをしよう!

「グリエネ」は住宅用太陽光発電の全国約450社の優良な登録販売施工会社から厳選し紹介。

サービス累計利用者数「10万人を超えの業界最大級の一括見積り」のサービスです。

となり

見積もり依頼は、簡単3ステップです。

\ 業界最大級の一括見積もりサービス /

設置場所・住所・連絡先を入力

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較なら!

となり

家を建てたい!けど何から始めればいいの?

となり

ハウスメーカーに提案された間取り、本当にこれで良いのか不安…。もっと、たくさん見て比べたい。

こんな『間取りに関する悩み』を抱えていませんか。

私自身、間取りの検討は非常に苦労しました。人生で初めての家づくり、難しいのも当然ですよね。

複数の間取りを見比べて検討することが出来れば、どんなにラクなことか……。そう感じていました。

そんな間取りに関する悩みを解決してくれるのが、間取りプランを無料で作成してくれるというサービスです。

タウンライフ家づくりって何よ?

あなたオリジナルの『間取りプラン&見積り』を無料!簡単3分でネットで一括依頼して送ってもらうことができるサービスです。

タウンライフ家づくりを利用すると
  1. 希望に基づいたオリジナルの間取りプランを作成してくれる
  2. 多数の間取りを比較して検討することができる
  3. 諸費用も含めた家づくりの見積書も作成してくれる
  4. 土地探しも提案してくれる
  5. 住宅展示場に行かなくても家づくりを始められる

私が家づくりを始めたときはのようなサービスがあることを知りませんでした。

このような間取り作成サービスを利用していれば、もっと良い間取りにできたかもしれないと少し後悔しています。

またいざ、家づくりがスタートすると間取りだけでなく、資金や土地のことなど様々なことを検討しなくてはいけなくなります。

時間的な余裕がなくなるので、事前にじっくりと間取りを検討できる点も魅力的です。

実際には、このような感じで要望に沿った間取りが提案されます。

オリジナルの間取りプラン

は、全国880社以上の住宅会社の中から、あなたの希望する住宅会社に一括で間取りプラン&見積もり作成・土地探しを依頼できます。

最大手ハウスメーカーも34社以上が掲載されています。

となり

もちろん『一条工務店』も含まれていますよ。

信頼と安心の大手ハウスメーカー

『タウンライフ家づくり』の評判は口コミで広がり続けていて、

注文住宅部門での『利用満足度』『知人に薦めたいサイト』『使いやすさ』で堂々の3冠を達成しています。

は世間的にも認知度がどんどん高まっている話題のサービスです。

堂々の3冠を達成

実際にサービスを利用した方の口コミをみても強引な営業を掛けられることはないので安心して利用できます。

利用者の口コミ
タウンライフ家づくりの利用すべき方
  • 家づくりをはじめたいけど、何をしたらいいのかわからない
  • 多数の間取りをいろいろと見て比べて、じっくりと検討したい
  • 特定のハウスメーカーから間取り&見積りが気軽に欲しい
  • 忙しくて住宅展示場に行く時間ない
  • しつこい勧誘や強引な営業を断るのが苦手だ

このいずれかに当てはまるなら、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次