【間取り】窓枠のサッシ色で迷走。定番のアーバングレーにするべきなのか

窓枠のサッシ色に悩んだ。

私が購入した土地は新規分譲地域の一区間です。

一条の分譲地ではなく、いわゆる建築条件なしの土地です。周りに一条で建てる人はあまりいなかったので他の土地は一条とは別のハウスメーカーだったり建売住宅が建つのかなと漠然と想像していました。

そんな矢先に、数件隣に同じくi-smartを建築予定との情報を聞きつけました。まさか外観は被らないよな。

と思ってたのですが、予想どおりハイドロテクトタイルの色は丸被りでした。一条のi-smartはどれも似た外観になるので、タイルの配色まで同じだとかなり似た外観の家になってしまいます。

今回の記事は少しでも外観の個性を出すために、窓枠のサッシ色についてあれこれ悩みながら検討したことについての内容になります。

一条のハイドロテクトタイルの配色が少ない

我が家のハイドロテクトタイルの色はホワイトとブラウンの2色貼りです。(まぁ被るよね。)

というよりこの一条のハイドロテクトタイル。性能が良いというのは認めますが、配色のバリエーションの少ないです。

ハイドロテクトタイルは全部で5色あり2色貼り・一色(単色)可能なので配色の組み合わせは15通りです。

だだしこの一条のタイルでブラックとブラウンは非常に良く似ています。

はっきり言って間近でみても区別がつきます。またオレンジ色なんていうトリッキーな色まであるので実質選べる配色は3色(ホワイト・ブラック=ブラウン・ピンク)です。

この中で取り得る組み合わせのパターンは、6通りとなります。

これじゃあ配色が被っても仕方がないんですよ。せめてもう少し大人しめの配色(ネイビー・ターコイズ・グレー)をタイル配色のバリエーションに追加して欲しいです。

寒色系の色であればi-smartのモダンな雰囲気とマッチしていい感じになると思う。

アーバングレーのサッシと流行色

i-smartのサッシ色はほとんどが悩みもせずアーバングレーを選んでいると思う。

中にはサッシの色って選べたんだ。ぐらいに思った人もいるはずです。それぐらいi-smartにはアーバングレーが似合います。またi-cubeではアーバングレーのサッシは選択できないので尚更です。

サッシの色にもファッションと同じく流行色というものがあり、現在の流行色はグレー・シルバーとなります。

ひと昔前はブラックだったりホワイトが流行色だったみたいで、昔から建っている家は、ほとんどその色になっています。

サッシの色でいつ頃の年代に建てた家なのかがわかるので住宅街を歩いて家をみるとそのへんのことがわかるので面白いです。

流行色はグレー・シルバーだけれどもi-smartで選べるサッシ色の種類は4種類あり、流行色のアーバングレー以外の選択もありだと思うので一度は検討してみても良いと思います。

タイトル

  • ホワイト
  • ブラック
  • アーバングレー
  • 木目調(オプション10万円)

ハイドロテクトタイルに合うサッシ色は?

サッシの色に個性求めて担当の設計士さんにホワイト・ブラック・アーバングレーの3パターン分、パース図を作成して貰いました。木目調はオプション費用が発生することもあり、却下です。

窓枠サッシの色を変えることにより想像していたより外観のイメージがガラリと変わるのでご紹介します。タイルの色はブラウン・ホワイトになります。

ではホワイトから。▼

なんだかボヤけた印象の外観になります。i-smartは他の住宅と比べて凹凸が少ないので全体的にのっぺりとします。ただしタイルがホワイト一色であれば統一感が出ていい感じになります。

次はブラックです。▼

引き締まった印象の外観になります。ブラウン系のタイルとブラックのサッシはとてもカッコ良いです。ホワイトタイルとの組み合わせはイマイチかも。窓枠の色が目立ち過ぎる感があります。ブラック・ブラウン系のタイルであれば、ブラックの窓枠サッシはありです。

最後にアーバングレーです。▼

やっぱり一番しっくりきます。i-smartといえばこの感じでしょう。アーバングレーの窓枠はどのタイル色にも万能にマッチするということを改めて認識できます。

で、結局何色にしたかというと、「アーバングレー」にしました。。。だってですね。やっぱり一番しっくりきたんですよ。

個性なんて必要ないんですよ我が家には。

私はアーバングレーにしてしまいましたが、ブラウンに黒サッシは中々カッコ良いと思ったので一面ブラック・ブラウンで決めてるお家の方は、アーバングレーだけでなく、黒サッシも検討してみてください。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.