吹き抜けのシーリングファンに電動昇降機を付けて掃除の悩みを解決しよう。

吹き抜けのある間取りで、シーリングファンを取り付けた場合、掃除ってどうすれば良いのか?

みなと

どうも、一条工務店の家i-smartに住んでいる。みなと@minato_souichiです。

我が家の場合、シーリングファンの掃除用に「昇降機」を取り付けることで掃除問題を解決しました。

本記事は、シーリングファンの昇降機ってどうなのよ。という点について書いていきます。

シーリングファンの掃除を昇降機で解決する

シーリングファン

昇降機を付けた理由・操作方法と掃除の頻度をお伝えします。ざっとした内容は以下です。

  • 吹き抜けのシーリングファンに昇降機を付けた理由は届かないから
  • オーデリックの昇降機と操作方法
  • シーリングファンの掃除頻度は年2回

吹き抜けのシーリングファンに昇降機を付けた理由は届かないから

2階から吹き抜けのシーリングファンに、モップ等の掃除道具を使って届くのであれば、掃除することも可能です。以下のようなロングモップを使えば届きはするでしょうが、ホコリがキレイに掃除できるかはわかりません。

さらに我が家の間取りの場合、2階と吹き抜けが、独立しています。なのできちんと掃除するためには、めちゃくちゃ長い脚立を用意してよじ登るしかありません。

そんなのイヤだ…。でもシーリングファンは付けたい。

そうだ。シーリングファンに手が届かないのなら、下ろしてしまえば良い。

という考えに至りシーリングファン用に「昇降機」を取り付けることにしました。

オーデリックの昇降機と操作方法

昇降機

というわけで、オーデリックの昇降機(OA076032P)を採用しました。

お値段は定価11万円の50%引きで「5万5千円」でした。パナソニック製のものを探していましたが、生産中止となっていて採用できませんでした。人気ないんですかね。

たかが、ホコリ掃除のために「5万5千円も支払うのかい?」と一瞬ためらいましたが、なんだか面白そうなので採用。

昇降機の操作

昇降機の操作方法はとても簡単で、操作用のカギを差し込み、カギを右に倒せば上昇・下降し、左に倒せば停止します。。

上昇・下降の速さは非常にゆっくりで、1番下まで降りてくるのに結構な時間がかかりします。

まぁ高速でシーリングファンが降りてきたら、危ないので、ちょうど良い速さです。

また、シーリングファンが回っている状態で、上昇・下降は出来ないので安心です。回ってる状態で降りてきたら、マジで怖い。

シーリングファンの掃除頻度は年2回

シーリングファンのホコリ

年に2回ほど昇降機で下ろし掃除します。

タイミングとしては、シーリングファンを使い始める前と、暫く使わなくてなるときまでです。

基本的に夏季の期間は、冷房効率を上げるため24Hブンブン回し続けています。なので使い終わった後には、上記画像のように結構な量のホコリが溜まります。

昇降機がなかったら、このホコリが年々蓄積されていくので、少々高く付きましたが、取り付けておいて良かったな。と感じています。

また床暖房で温められた空気は上昇して上部に滞留します。

なので空気を巡回する意味で冬場も回したほうが良いのは、わかってるのですが、ついつい忘れてしまっています。

吹き抜けのシーリングファンには昇降機を付けると掃除が便利

昇降機を取り付ければ、掃除は確実に楽になります。

ただデメリットととしては、昇降機の値段が高いことですね。ホコリ除去のためだけに5万円以上かけることに、価値を見出せるのならオススメです。

あと昇降機でシーリングファンが上昇・下降する様子は見ていて楽しいものです。

以上。みなと( @minato_souichi)でした。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.