外観で採用した100万円の一条工務店・i-smartオプションと価格

ハイドロテクトタイル

一条工務店の家 i-smart は標準仕様が充実しています。

これは、どの営業さんも口を揃えて言ってきますし、事実そうだと思います。とはいえ標準仕様だけでは、味気ないのでオプションの採用も検討していきたいというのが本音です。

ですが、このオプションというのが相当数あり、どれを採用したほうが良いのか本当に迷います。

みなと

どうも、一条工務店の家i-smartに住んでいる。みなと@minato_souichiです。

かつ値段の感覚もマヒしてくるのでドンドコ、オプションを採用したくなる衝動に駆られます。一生に一度の家づくりだから。なんてフレーズが頭の中で囀ります。

私も散々迷って決めました。それはもう夢に出るぐらい。少しでも参考になればと思い、これから設計の打ち合わせが始まる人向けに、我が家で採用したオプション価格について公開していきます。

我が家のスペック

まずは我が家のスペックのご紹介です。

我が家のスペック

  • 建物タイプ: i-smart II
  • 建坪: 35坪
  • 家族構成: 4人家族

まぁいわゆるどこにでもいる普通の家族構成ですね。二世帯住宅ではないので、二世帯住宅用のオプションなんかは出てきません。

総採用オプション数は46点

採用したオプション数は46点になります。これが多いのか少ないのかは、よくわかりません。内覧させてくれたi-smartは、あまりオプションを付けてなかった印象なので、多いほうなのかもしれません。

採用オプション数が多いので外装・内装といったカテゴリに分けて公開していきたいと考えています。ではまずは外観オプション編です。

外観オプション

外観オプションは拘って採用したというより、気づいていたらオプションになっていたものが多いです。ベタ基礎工事・ポーチ補強・ハイドロテクトタイルなんて、ほとんど必須オプションです。

外観オプションは全部で9点採用しています

1. ベタ基礎

ベタ基礎

  • オプション価格:397,300円

一条工務店の標準仕様は布基礎までです。布基礎以上の基礎(ベタ基礎・地盤改良)はオプション扱いになります。

けれども一条にて家を建てた人で布基礎だった人は聞いたことがないので、ベタ基礎以上の基礎が通常と考えていたほうが良いでしょう。ほぼ必須オプションです。

2. 深基礎工事(ベタ基礎・Wベタ基礎・免震基礎用)

  • オプション価格:58,000円

正直なんのオプションなのか、わかっていません。設計士の方が説明してくれた記憶はありますが内容は理解できてません。

まぁ必要なオプションなのでしょう。

3. 玄関ポーチ側面タイル追加

玄関ポーチ

  • オプション価格:3,100円

これもよくわかってないです。
きっと標準仕様だと玄関ポーチのタイルが足りなかったのでしょう。

4. ポーチ補強工事

  • オプション価格:36,000円

きっと必要なのでしょう。
つぎ!

5. ハイドロテクトタイル外壁全面貼り

ハイドロテクトタイル

  • オプション価格:247,600円

ハイドロテクトタイルの価格は、一条であと数年は続くであろうキャンペーン価格の1つです。**この値段で一面タイル貼りの壁になるので、大変お得と言えます。i-smartまたは、i-cubeの場合、必ずといってもいいほど採用しているオプションの1つです

6. エコキュートを薄型に変更(三菱電機製)

エコキュート薄型

  • オプション価格:31,000円

オール電化の必需品。エコキュートです。「薄型タイプ 370L」のものを採用したので標準との差額でこの値段になっています。果たして370Lで足りるのか。と疑問に思いますが、まぁ余程、お湯を無駄使いしなければ、きっと大丈夫でしょう。と思いたい。

7. 散水栓コンセント

散水栓コンセント

  • オプション価格:26,500円

私の趣味は熱帯魚の飼育です。水槽を1Fのリビングではなく2Fの書斎に置こうと計画中です。しかし我が家の2F部分には水源がありません(セカンド洗面台の採用なし)

そこで2Fバルコニーの散水栓です。これさえあれば1Fからバケツでセコセコと水を運ばなくて済みます。

散水栓は採用している人が少ない珍しいオプションとなります。2Fの水源が必要な私にとっては、必須オプションです

8. 屋外物干金物(屋外用壁付けタイプ)

屋外洗濯物干し

  • オプション価格:16,800円

1Fと2F合わせて2つ付けました。1つ8,400円です。高いんだが安いだかよくわからないオプションの1つです。

9. WPCウッドデッキ施工

WPCウッドデッキ

  • オプション価格:282,100円

樹脂製のウッドデッキ風パネルです。

バルコニーの床材と同じものになります。このウッドデッキを採用した理由としては、嫁さんが「ワタシ虫キライ・雑草ヌクノメンドイ・家庭菜園トカ絶対ヤラナイ」と庭を完全否定する主張を始めたからです。

私自身も庭に対して拘りはありません。なので嫁さんの主張を尊重して庭の土部分を失くすため、ウッドデッキを採用しました。

ウッドデッキの下部分はコンクリート施工されるため雑草は生えてこないので問題ないでしょう。でも風に乗ってゴミは溜まります

ウッドデッキのデメリットであるメンテナンスが大変。という点も樹脂製パネルであれば、ほぼメンテナンスフリーであることが良い点です

以上が採用した外装オプションになります。

計9点で外観オプションに掛けたオプション費用は、「1,098,400円」です。

随分高くついたなといいうのが正直な感想ですが、外装に掛かる費用は設備として必要なものが多くあるため、ある意味仕方がないかなとも思います。

以上。みなと( @minato_souichi)でした。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.