一条工務店・i-smartで採用した50万円の照明・電気オプションの一覧と価格

吹き向けの照明オプション

みなと

一条工務店・i-smartに住んでいる”みなと”です。( twitter(@minato_souichi)

今回は一条工務店・i-smartで採用したオプションの「照明・電気」編です。

みなと

どうも、一条工務店の家i-smartに住んでいる。みなと@minato_souichiです。

採用オプションシリーズとしては今回の電気編が、最終回となります。では始めていきます。

一条工務店・i-smartで採用した照明・電気のオプション一覧

1. 電気工事(ワイドLED埋込逆位相調光スイッチC)

  • オプション価格:12,000円

いやー。何のオプションなのか不明です。というより覚えていません。なんか説明を受けた気もしますが正直、覚えていません。まぁなにかのスイッチの電気工事に必要なのでしょう。気にしないことにします。

2. エアコン工事一式

  • オプション価格:142,600円

標準で付くRAYエアコンは1台とは別に、寝室と子供部屋で計2台、追加で取り付けています。ケチって1番安い三菱電気製のエアコンにしました。

2台追加・取付料込みで、この値段なら結構安いほうかなとも思います。ちなみにエアコンの配管方式は、このようになっています。

部屋別 エアコン配管方式

  • 子供部屋:先行配管(隠蔽配管)
  • 寝室:ダクト施工

3. トリプルハニカミシェード(手動式 → 電動式へ変更)

電動ハニカムシェード

  • オプション価格:60,000円

手動で開け閉めが必要なハニカムシェードをスイッチで開け閉めできるようにする近未来的発想のオプションです。

なんでこのオプションを採用したかというと、このハニカムシェード重いですよ。いやマジで本当に。掃き出し窓なんかの大きな窓についてるシェード上げ下げなんて苦行以外のなにものでもありません。

というわけでそんな修行じみたことはしたくないので、掃き出し窓は全て電動式に変更しました。1窓15,000円となります。

4. スイッチ・コンセント追加

  • オプション価格:100,200円

標準のスイッチ・コンセントの数では満足できず、ありとあらゆる場所にコンセントを追加しました。後々に後悔したくなく過剰気味に付けています。

5. 情報コンセント(LAN・TV・TEL)

  • オプション価格:13,000円

その名の通り、LAN・TV・TEL一体型のコンセントです。今の時代、電話回線など不要かもしれませんが。念の為です。1つ13,000円です。高いな。このオプション。

6. 情報コンセント(LAN・TV)

  • オプション価格:44,000円

TEL回線なし版です。寝室1つ・子供部屋2つ・書斎1つで計4つ採用です。1つ11,000円です。

子供部屋にLAN・TV回線は贅沢かと思いましたが、自分が子供のときにTV回線が部屋になく、クソ長い延長ケーブルを買ってきて無理やり繋いでいた記憶があります。

そんなことをされても鬱陶しいので初めから付けることにしました。無線LANの感度が良ければ有線LANは不要かもしれません。

7. 情報ボックス

情報ボックス

  • オプション価格:25,000円

無線ルータ・モデムなどのネットワーク機器を格納できる箱です。ゴチャゴチャしがちな配線がスッキリとするのでおすすめとのことです。正直、ただの箱にこの値段は高すぎない?と少々疑問です。

8. LED照明で省エネ・節電キャンペーン

  • オプション価格:100,100円

一条工務店オリジナルのLED照明です。建坪により値段が変動します。(わが家の建坪は35坪)このLEDキャンペーン。とても安く全室にLED照明を付けることができます。

パナソニックのあかりプランで見積もりを取ると、この一条のLEDキャンペーンが如何に安いかがよくわかります。大体50 – 70万ほど掛かります。

このLEDキャンペーン。安い分、選べる照明の種類は少なく、残念ながらデザインがダサいです。その点さえ我慢できれば、お得なキャンペーンといえます。

9. オリジナルLED 照明器具追加分

  • オプション価格:2,500円

オリジナルLED追加分です。たしかダウンライト1個分の値段だったと記憶しています。

10. 照明器具(オリジナルLED照明器具以外)

吹き向けの照明オプション

  • オプション価格:189,850円

リビングの吹き抜けに採用した照明の値段です。一条オリジナルのLEDで選べる照明というと

一条オリジナルLED

  • ダウンライト
  • シーリングライト
  • ブラケット

となるので、どうしても吹き抜けの照明には不向きです。 無理やり選ぶとしたらダウンライトぐらいなんじゃないでしょうか。

というわけで吹き抜けの照明は、ちょいっとこだわって パナソニック・コイズミ製の一条オリジナル以外の照明・シーリングファンを採用しています。

定価の50〜60%引きで採用できるのでお得です。ほとんどの製品の定価の半額ぐらいが、販売価格みたいなもんなので、実際のお得はあまりありません。

照明・電気オプションの総額

以上、10点の採用で496,900円となりました。

電気・照明は標準仕様のままでも暮らす分には問題はないと思います。けれどもスイッチ・コンセントを後々付けようと思ってもなかなか難しいので、初めから後悔のないよう付けておくことをお勧めします。

以上、”みなと”でした。( twitter(@minato_souichi)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.